ご当地レシピ&アレンジレシピ

静岡県のご当地食材
舞阪しらす
静岡県のご当地食材
バリ勝男クン
  • LINE
  • Tweet
  • Share

【シェフレシピ】舞阪しらすとバリ勝男クンのちらし寿司

舞阪しらすと焼津「バリ勝男クン」のちらし寿司は、舞阪名産のしらすと焼津名物「バリ勝男クン」をちらし寿司としてマッチさせた料理です。
 バリ勝男クンは焼津港で水揚げされた新鮮なカツオをチップ状のかつお節にした特産品。辛口やチーズ味など様々な味が存在し、サラダのトッピングによく用いられています。今回は「しょうが醬油味」を使用。
 しらすやたくあんの旨みとすし飯の酸味をバリ勝男くんがうまくまとめ、食が進む一品です!
材料4人前
舞阪しらす 40g(釜揚げ)
バリ勝男クン 10g
2合
昆布 3cm×3cmほど
たくあん 30g
大葉 5枚
そら豆 12粒
イクラ塩漬け 適量
針海苔 適量
グリーンカール 適量
[A]※つくりやすい分量
180ml
砂糖 80g
20g
昆布 3cm×3cmほど

作り方

  1. 米を研ぎ規定量の水に昆布を加えご飯を炊く。そら豆は塩ゆでしておく。
  2. バリ勝男クンを手で砕き、たくあんを粗めのみじん切りにし、大葉はせん切りにする。
  3. ご飯が炊きあがったら、[A]をボウルであわたものより40ml程を加えてまぜ、粗熱をとり、2を加えて更にまぜ、すし飯とする。
  4. グリーンカールを手でちぎり器にしき、すし飯をのせ、そら豆、イクラ、しらす、針海苔を盛り付ける。

レシピ投稿者からのアピール

「ふじとはち」総料理長 瀬崎
「ふじとはち」総料理長 瀬崎
http://r.gnavi.co.jp/e003402/
店名「ふじとはち」の由来は富士山と八ヶ岳。山梨と静岡のご当地グルメが食べられるお店。

静岡県の「静岡おでん」や「浜松餃子」、山梨県の「甲府とりもつ煮」や「ほうとう」、白ワインで育った豚「ワイントン」など、静岡県と山梨県の名物料理がメニューに並ぶ。

八ヶ岳の良質な土壌でつくられた野菜料理をはじめとした手間暇かけた創作料理も自慢の料理。
提供されるお酒は、日本が世界に誇る甲州ワイン。

瀬崎さんは両親が静岡県浜松市出身。
静岡県の食文化、郷土料理や特産品を東京で伝えるべく、日々腕をふるう。

【住所】東京都港区赤坂5-1-5 菅野ビルB1F
【交通】千代田線「赤坂駅」から徒歩1分/銀座線「赤坂見附駅」から徒歩5分/銀座線「溜池山王駅」から徒歩5分
【HP】http://r.gnavi.co.jp/e003402/
  • 作ってみました!を投稿する

同じエリアのご当地レシピ

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。