ご当地レシピ&アレンジレシピ

  • LINE
  • Tweet
  • Share

【シェフレシピ】鮭のチーズちゃんちゃん焼き

鮭のチーズちゃんちゃん焼きは、北海道の漁師町における名物料理「ちゃんちゃん焼き」のアレンジ料理です。

「ちゃんちゃん焼き」は鮭やホッケなどの魚、季節の野菜や山菜と一緒に鉄板やホットプレート等で蒸し焼きにし、味噌で味付けする料理として伝わり、味噌をねぎ味噌にしたり、バターベースにしたり、道内でも場所によって様々なアレンジが存在します。

手順1で水気を切ること、手順2で火入れではなくレンジを用いると、鮭がパサパサせずしっとりと仕上がります。

チーズの量はお好みで、種類はナチュラル系がおすすめです。冷めても美味しく食べられます!
材料4人前
生鮭切り身 2切れ
キャベツ、玉ねぎ 各1/2個
えのき 1袋
チーズ(明治北海道十勝とろけるスライス) 50g
バター 20g
おろしにんにく 少々
【合わせ味噌】※作りやすい分量 下記より30gを使用
赤味噌 200g
砂糖 50g
調理酒 45ml
みりん 90ml
おろしにんにく 5g

作り方

  1. 野菜類をバターで炒め煮し、火が通ったらおろしにんにくを入れる。
    仕上がった野菜をザルにあげて水分を切る。
  2. 生鮭を調理酒(分量外)で洗い臭みをとり、レンジで加熱する。(1000wで30秒、500wで90秒分程)
    仕上がった鮭をほぐす。
  3. 1を皿に盛り、2の鮭を散らし、[合わせ味噌]をのせ、チーズをのせ、再びレンジで加熱する。
    チーズが溶けたら完成。

レシピ投稿者からのアピール

中山亮介
中山亮介
http://www.yukku.net/
新鮮で厳選された北海道の一級食材にこだわり続けて50年の「ユック」総料理長。

「ユック」とはアイヌ語で、もともとは山の獲物という意味でありましたが、狩の獲物の代表であった「えぞ鹿」をいつのまにかユックと呼ぶようになりました。
札幌の奥座敷定山渓温泉でゆったりと時を刻んで八十六年の「鹿の湯」が直営しております。
1964年に第1号店を東京竹橋のパレスサイドビルに開店いたしました。

以来、千歳空港・東京・横浜にて各界の食通の方々から、「鮮度の良さ、産地直送のおいしさ」でご好評を頂いております。

●住所
東京都中央区銀座1-6-5 ランデック第2銀座ビル B1F

●アクセス
東京メトロ 有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩2分
東京メトロ 銀座線「銀座駅」から徒歩5分
JR 山手線「有楽町駅」から徒歩5分
  • 作ってみました!を投稿する

同じエリアのご当地レシピ

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。