ご当地レシピ&アレンジレシピ

  • LINE
  • Tweet
  • Share

【シェフレシピ】”ミニばらずし”サワラのこうこずし

こうこずしは、岡山の多様なすし文化が生んだ、ばらずしと並ぶ岡山県の郷土料理です。
「こうこ」とはタクアンのことで、タクアンと瀬戸内海で獲れたサワラを用いて、漁の安全祈願や節句、祭りの際に作られています。

サワラの漬け汁で寿司飯をつくることで、一段と美味しく仕上がります。

見た目も華やかな”ミニばらずし”である「サワラのこうこずし」をぜひお試しください。
材料4人前
3合
サワラ(刺身用) 200g
たくあん 100g
黄ニラ 2束
絹さや 50g
大葉 5枚
刻み海苔 適量
白ガリ 適量
炒り白ごま 適量
[A]漬け汁
米酢 200cc
砂糖 100g

作り方

  1. 米を研ぎ水気を切り、1時間程おいたら同量の水に浸し、ご飯を炊く。
  2. サワラを薄切りにして軽く塩(分量外)をふり15分程おく。身が締まったらサッと水洗いしてから酢洗いし、[A]をあわせたものに30分程漬けておく。
  3. ご飯が炊けたら②の漬け汁を80cc程まわしかけ、冷ましながらかき混ぜて寿司飯を作る。
  4. 絹さや、たくあん、白ガリ、大葉をせん切りに。黄ニラをサッと茹でてひと口大に切る。
  1. 寿司飯、大葉、たくあんを混ぜあわせたものを器に盛り、刻み海苔、炒り白ごま、黄ニラ、サワラを飾り、絹サヤを散りばめて完成。

レシピ投稿者からのアピール

山本裕之 東京唯一!岡山ばらずしを味わえる「美苑鮨」
山本裕之 東京唯一!岡山ばらずしを味わえる「美苑鮨」
http://misonosushi.tokyo/
「美苑鮨(みそのずし)」は、新宿御苑で39年営業したのち、現在の東北沢で開業。 岡山の味を東京で提供し続けられるように、地元との交流も欠かせません。
岡山県出身の方はもちろん、東京の方でも岡山県を感じられるように、 素材には自信を持っております。ぜひ、ご賞味ください。

●住所
〒155-0031
東京都世田谷区北沢3-1-20

●アクセス
小田急小田原線 東北沢駅から徒歩2分
  • 作ってみました!を投稿する

関連ページ

同じエリアのご当地レシピ

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。