ご当地レシピ&アレンジレシピ

  • LINE
  • Tweet
  • Share

いちご煮

いちご煮
レシピを印刷する
青森県八戸市とその周辺の三陸海岸の伝統的な料理で、ウニ(キタムラサキウニ、エゾバフンウニなど)とアワビ(ツブ貝等で代用されることもある)の吸物である。赤みが強いウニの卵巣の塊が、野イチゴの果実のように見えることからこの名が付いた。
材料
ほたてのひも 4個分
だし昆布 10g
800cc
あわび 100gサイズ2個
木綿豆腐 1丁
みず 50g
うに 150g
卵 (卵白) 30g
片栗粉 20g
適量

作り方

  1. 材料を揃え、出汁を取る。

    スライスしたほたてのひもは塩もみし、下茹でしておく。

    別の鍋に水を張り、ほたてのひもとだし昆布を用いて出汁を取る。
    ほたてのひもとだし昆布は捨てずにとっておく。
  2. 1の出汁であわびを煮る。弱火で10分程。
    その後冷ましてから身はスライス、肝はみじん切りにする。

    煮汁はとっておく。
  3. すり身を作る。下記材料をボウルに用意する。

    水気を切り手で崩した木綿豆腐、1のだし昆布とほたてのひも、2のあわびの肝、みず、それぞれをみじん切りにしておく。
  4. 卵白、片栗粉10g、塩を3のボウルに加え、軽くまぜあわせる。
  1. 4を容器※に入れ、15分程蒸す。

    蒸しあがったら180℃の油で3分程揚げる。

    ※小鉢や小皿、ケーキカップなど。家庭にあるものを用いて下さい。
  2. 2の出汁をペーパーで濾したものに残った片栗粉10gを同量の水10ccで溶き加え、とろみを付ける。
  3. 盛り付ける。

    椀を用意し、底から右記の順に盛り付ける。5のすり身、2でスライスしたあわびの身、うに。

    最後にとろみをつけた6の出汁を全体にかけ、完成。

コツ・ポイント

お椀に盛られたうにがだし汁とあわさる事で「朝露のなかの野いちごのようだ」と称された「いちご煮」。手順4で材料を30分程寝かすとよりしっとりとした口当たりに、手順5は少し長めに揚げるとより香ばしくなります。みずの代わりにクキのしっかりしたもの、ふきや小松菜などで作っても美味しく召し上がれます。
  • 作ってみました!を投稿する

関連ページ

同じエリアのご当地レシピ

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。