各地のご当地食材/加工食品

  • LINE
  • Tweet
  • Share

広島県広島 太田川しじみ(ヒロシマ オオタガワ シジミ)

ご当地食材情報
広島 太田川しじみ

水の都、広島で獲れる太田川しじみ。
身が大きく栄養と美味しさがぎゅっと詰まった広島が誇る特産品です。

〇太田川とは
太田川は広島県にある一級河川で、環境省が全国で100か所名水として選んだ「名水百選」の中にも名を連ねている川です。この名水百選に選ばれる条件として保全状況が良好なものとされていますが、愛知の木曽川、高知の四万十川などもこの百選に選ばれています。

〇しじみ
マルスダレガイ目 シジミ科
小型の2枚貝で、貝の色の多くは黒茶色をしています。

〇太田川しじみ
貝の色が黄金色、茶褐色なのが特徴です。これは綺麗な水の中で育ってきた証とも言われています。
美味しい食べ物が揃う広島の特産物の中でも特に優れているもの、親しまれているものには「ザ・広島ブランド」として認定されますがこの太田川しじみも認定されています。ほか、広島が誇る食材である牡蠣や広島菜漬、レモンなども認定特産品とされています。

〇漁獲
広島市は三角州と呼ばれる地形をしています。その三角州の中の大田川支流でしじみは漁獲されています。
主に広島市西区の大芝橋付近からスタートし、海側に向かい西平和大橋付近までと観覧橋まで。
南区付近の東大橋まで、比治山橋までしじみが漁獲されています。

〇食べ方
・お味噌汁に。
やはりしじみのお味噌汁は定番の美味しさですね。
広島を代表する美味しいお味噌、「ますやみそ」や「新庄みそ」があります。このお味噌と太田川のしじみを合わせお味噌汁で広島の味をたっぷりと堪能できるのでおすすめです。

・炊き込みご飯に。
しじみを炊き込みご飯にするとしじみのエキスがたっぷりお米に染み込み、美味しさ抜群です。冷めても風味よく美味しく味わうことが出来ます。

・クラムチャウダー
寒い日にはアサリの代わりにしじみをクラムチャウダーにして食べると身体が温まりますよ。和風料理だけでなくしじみはパスタの具材としても広く使える食材です。

〇特徴
貝の色が黄金色、茶褐色なのが太田シジミの最大の特徴です。また身が大粒なので、身までしっかりと味わうことが出来ると評判です。

〇旬
7月~9月まで。
しじみは夏に産卵期を迎えしじみの身体には栄養が多く含まれています。「土用しじみ」と呼ばれ、栄養満点のしじみを食べることで夏バテ知らずとも言われています。

〇栄養
しじみに含まれているオルニチンは肝臓を保護してくれたり、肝臓の働きを高めてくれる効果があります。
二日酔いに効くと言われている理由はオルニチンはアルコールを解毒してくれる力があります。ほか、疲労回復、ストレスを軽くしてくれる効果もあります。
ほかにも鉄分、ビタミン、アミノ酸なども含まれています。
 
  • その他のご当地食材を投稿
  • LINE
  • Tweet
  • Share

同じエリアのご当地食材

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。