各地のご当地食材/加工食品

  • LINE
  • Tweet
  • Share

広島県広島 小イワシ(カタクチイワシ)(ヒロシマ コイワシ カタクチイワシ)

ご当地食材情報
広島 小イワシ(カタクチイワシ)

広島の小魚といえば小イワシ。
小イワシとは「カタクチイワシ」のことで、お値段もお手頃なうえ新鮮で美味しく食べることが出来るので昔から広島の人から「小イワシ」と呼ばれ愛され続けている小魚の1つです。

〇広島湾
広島市では目の前に広がる広島湾で多く獲れる魚介類を「広島湾七大海の幸」とし美味しい魚介類の紹介をしています。七大海の幸に選ばれた魚介類は広島で有名な牡蠣、宮島のあなご飯で有名なアナゴ、釣り人から愛されてやまない黒鯛(チヌ)、などがありますが小イワシも堂々と広島湾七大海の幸として名を連ねています。
広島湾は牡蠣の養殖が盛んに行われており、牡蠣は海水を綺麗にしてくれる能力を持つことでも有名です。
綺麗な海にはさまざまな魚たちが集まりますが、小イワシもそのひとつです。

〇小さな子供にも人気な小イワシ
波止、岸壁で小さな子供でも比較的簡単に釣ることが出来る小イワシはファミリー層にも人気な小魚です。
広島では旬の時期になると釣り場に家族連れで楽しく小イワシを釣る光景をあちこちで見ることが出来ます。

〇食べ方
・お刺身で。
新鮮な小イワシを堪能したいときにはぜひ生姜醤油とネギをかけて食べてみてください。ポン酢やレモンをかけても美味しくていくらでも食べることができますよ。
小イワシは「七度洗えば鯛の味」と表現されているようにしっかりと塩水で洗うことで身も締まり、小さいながらも脂の乗った小イワシを堪能することができます。

・南蛮漬けに。
小イワシは旬が夏場ですのでお酢パワーたっぷりにして南蛮漬けにして食べるのもお勧めです。一口サイズな小イワシとお野菜たっぷりにして夏バテ解消の栄養価が高い一品となります。

〇特徴
名の通り、イワシの中でもかなり小さな部類にります。大きなサイズでも10センチ程度しかありません。小イワシをさばく時は包丁は必要ありません。指で簡単にさばくことが出来ます。

〇旬
6月~8月
広島では毎年6/10に漁が解禁されます。そこからスーパーや商店などで小イワシをよく目にするようになります。小イワシは新鮮な上に手頃な価格で販売されているので人気が高い小魚です。またお酒のアテとしても愛されている食材なので家庭内だけでなく広島では居酒屋でも夏の定番メニューとして小イワシは登場しています。

〇栄養
ビタミンD3:カルシウムの吸収や血液の中のカルシウム濃度を調整する働きをしてくれます。
カルシウム:歯や骨の成分になったり、体内で情報伝達する役割があります。
DHA(ドコサヘキサエン酸):生活習慣病の予防
EPA(エイコサペンタエン酸):血液を健康な状態に保ち、動脈硬化、脳梗塞を予防する働きがあります。
 
  • その他のご当地食材を投稿
  • LINE
  • Tweet
  • Share

同じエリアのご当地食材

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。