各地のご当地食材/加工食品

  • LINE
  • Tweet
  • Share

沖縄県唐辛子

ご当地食材情報
沖縄 唐辛子

唐辛子は、沖縄を代表する農産物のひとつ。沖縄では、日常的に用いる調味料として利用されています。

○種類
激辛の風味が人気の島唐辛子は、「キダチトウガラシ」という激辛の品種です。

「キダチトウガラシ」の実は小ぶりですが、その辛さは鷹の爪の1.5~2倍程度ともいわれ、実を泡盛に漬け込んだ「コーレーグース」は、全国的にも有名な辛味調味料です。

近年「コーレーグス」は、泡盛に漬け込んだ島唐辛子を意味することが多いですが、伝わった当初は島唐辛子そのものを表現する沖縄方言として使われていました。

○歴史
沖縄に唐辛子が伝わったのは18世紀前期で、薩摩藩を経由して伝わったとされています。
当時は「高麗胡椒」の名で呼ばれていたともいわれ、この名称が「コーレーグース(コーレーグス)」の語源にもなってという説があるほか、「高麗の薬(こうらいぐすい)」がなまってできたという説もあります。

島で採れる唐辛子を沖縄独自のお酒泡盛に漬け込んだ「コーレーグース」は、沖縄そばに少し加えるのが定番の食べ方です。

「コーレーグース」の由来ははっきりとはわかりませんが、、ハワイに移民した沖縄県民が故郷沖縄に戻った際に持ち帰ったチリペッパーを利用した調味料がヒントになったといわれています。

○効能
カプサイシンといわれる唐辛子の辛味成分は、 発汗作用があり血流の促進、 防腐・鎮痛にも効果がありますが、アルコールに溶けやすいという特徴を持っています。
そのため、泡盛に島唐辛子を漬けた「コーレーグース」は、カプサイシンに富んだ調味料としても知られています。

○利用法
「コーレーグース」は、沖縄そばの店や居酒屋、各家庭のテーブル上に常備されている調味料のひとつですが、地元の人たちは沖縄そば以外のチャンプルーやみそ汁、刺し身を食べる際のしょうゆに少し加えるほか、ゆし豆腐や炒めものに使用します。

○製品
各家庭でも自家製コーレーグース が作られていますが、近年は、沖縄の味覚のひとつとして広まり、加工食品としての種類が増え土産物としても人気を呼んでいます。

島唐辛子を乾燥させて粉末にした「一味唐辛子」、島唐辛子のタネを取り除いたものをすりつぶし、泡盛と沖縄の海水塩を加えたペースト状の練唐辛子など、個性的な商品が登場しています。

沖縄の市場やスーパーなどでは、生の島唐辛子を購入できますが、直接手で触ったあとに目などにふれるとヒリヒリする場合があるので注意が必要です。

通常の土壌でもよく育つため、温暖な地域ならタネを買い求めて自宅で栽培することもできます。
 
  • その他のご当地食材を投稿
  • LINE
  • Tweet
  • Share

同じエリアのご当地食材

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。