各地のご当地食材/加工食品

  • LINE
  • Tweet
  • Share

岐阜県十六ささげ(ジュウロクササゲ)

ご当地食材情報
十六ささげ

マメ科ササゲ属ササゲ亜種。
十六ささげは、サヤインゲンと似ていますが、別のササゲ属の一種です。
岐阜県羽島市、本巣市(旧・糸貫町)で作られています。
莢の中に、豆が16粒できることから「十六ささげ」と名づけられたという説がありますが、実際にはもっと多くの豆ができることもあります。
莢の長さが30~50cmほどになり、柔らかい食感です。
収穫時期は、6月下旬か9月頃です。
アフリカ原産で、東南アジアなどでポピュラーな野菜ですから、暑さや乾燥に強く、盛夏でもよく育ちます。
青物野菜の少ない夏期におけるビタミン源として、重宝されています。
栽培を始めた時期は明らかではありませんが、大正時代以前と言われています。
本格的に普及したのは1945年(昭和20年)以降です。
家庭菜園で作っているご家庭も多いようですね。
岐阜県から、「飛騨・美濃伝統野菜」として認定されています。

~料理~
十六ささげは、緑が鮮やかなものを選びましょう。
時間が経ったものは黄色くなっていますのでわかります。
太さはあまり太くないものにします。
育ち過ぎてしまっていると、筋がか硬いことがあります。
若く細い物のほうが食味が良いです。

十六ささげは、生でそのまま食べるのには向きません。
下処理として、塩を入れて茹でてから使います。
火を通しすぎないことがポイントですね。
食感をそこねないために、茹で過ぎないようにしましょう。
茹で時間は、お好みですが、1分ほどで良いです。
湯から上げたら冷水にさっとさらすと色鮮やかになります。

サヤインゲンと同じように、おひたしやゴマ和え、味噌和え、サラダなどにします。
バターとからめて付け合せにするのもおすすめです。
また、油と相性が良いので炒め物にもできます。
煮物にするときは、茶色くなってしまわないように、煮過ぎには気をつけてくださいね。

十六ささげの豆は、熟すと赤褐色になります。
江戸時代には、武士に好まれていたそうです。
小豆が茹でると割れやすいのに比して、茹でても割れないからです。
真ん中から割れる様が切腹を思わせて、縁起が悪いとされたのですね。

十六ささげは、乾燥しやすいので、ポリ袋やタッパーに入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。
たくさんあるときは、硬めに茹でてから冷凍しておくと便利です。

~栄養~
十六ささげは、豆類に属し栄養価の高い野菜です。
ビタミン・ミネラル類が豊富です。
特徴としては、βカロテンですね。
十六ささげには、サヤインゲンの2倍のβカロテンが含まれています。
また、不溶性の食物繊維も多く、便秘にも効果的です。
 
  • その他のご当地食材を投稿
  • LINE
  • Tweet
  • Share

同じエリアのご当地食材

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。