各地のご当地食材/加工食品

  • LINE
  • Tweet
  • Share

鹿児島県鹿児島黒豚(カゴシマクロブタ)

ご当地食材情報
すでに全国に知れ渡っていますが、鹿児島の黒豚は、高級豚肉として取り扱われ、百貨店でよく見かけるブランド豚です。
現在の黒豚は、明治時代にバークシャー種(イギリス原産の豚)が導入され、薩摩で昔から飼われていた土着の豚との改良を重ねたもののようです。

鹿児島(薩摩国)では、戦国時代から豚肉を歩く野菜と呼んで食べられていました。
戦国時代において九州統一をほぼ成し遂げた島津氏の底知れぬ強さは、織田信長よりも先に鉄砲の実用化を行った事と、豚を生きたまま兵糧として戦場に運んでいた事であり、当時の戦国武将では珍しい肉食集団だった事と言われていたようです。
また、鹿児島の土壌は、シラス台地(火山灰)の為、野菜の栽培には向かず、自生するさつまいもとそれを食料とする豚が結果的に食料となっていった歴史を持つようです。
 
  • その他のご当地食材を投稿
  • LINE
  • Tweet
  • Share

同じエリアのご当地食材

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。