各地のご当地食材/加工食品

  • LINE
  • Tweet
  • Share

奈良県宇陀金ごぼう(うだきんごぼう)

宇陀金ごぼう(うだきんごぼう)
ご当地食材情報
「宇陀金ごぼう」は大和野菜として認定されている23品目のひとつ。
宇陀金ごぼうは、昼夜の温度差と粘質な土壌で育つことから、肉質が柔らかで、牛蒡特有の芳香が高いと言われているのが特徴です。
宇陀金ごぼうは、たたき牛蒡、煮しめ、きんぴら、天ぷら等にするとおいしく、用途は広いです。

宇陀金ごぼうの由来は、中国で薬草として栽培されていた牛蒡(ごぼう)が日本に渡来。「宇陀牛蒡」は明治初期から「大和」、または「宇陀」の名で京阪神市場に知られていました。
牛蒡に付着した雲母が光ることから、縁起物として正月のおせちに珍重されています。雲母が含む土壌でしか栽培できないもので、特殊な品種を用いて栽培するものではありません。
 
  • その他のご当地食材を投稿
  • LINE
  • Tweet
  • Share

同じエリアのご当地食材

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。