各地のご当地食材/加工食品

  • LINE
  • Tweet
  • Share

北海道行者にんにく(ギョウジャニンニク)

ご当地食材情報
行者にんにく(ギョウジャニンニク)は、北海道で栽培される山菜。

行者にんにくという名前の由来は、山にこもる修験道の行者が食べたことからとも、また逆にこれを食べると滋養がつきすぎて修行にならないため、食べることを禁じられたからとも言われている。

しょうゆ漬けにして保存したり、生のままやおひたし、ギョウザ、卵焼きに混ぜるなどで調理する。

収穫までの生育期間が5年から7年と非常に長いことから、希少で市場に出回っているものは少量で高価。

北海道では、「アイヌネギ」と呼ぶことがある。

また、ニンニクよりもアリシンを豊富に含んでおり、抗菌作用やビタミンB1活性を持続させる効果があり、血圧の安定、視力の衰えを抑制する効果があるそうで、その成分を利用した健康食品も販売されている。
 
  • その他のご当地食材を投稿
  • LINE
  • Tweet
  • Share

ご当地レシピ

2016/5/2北海道
行者にんにくで作る
【シェフレシピ】春告魚(ニシン)の蒲焼風五目ちらし 行者ニンニク添え
ニシンの蒲焼風五目ちらしは、北海道の春告魚「ニシン」と行者ニンニクを使...
  • ご当地食材を使ったレシピを投稿

同じエリアのご当地食材

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。