ご当地レシピ&アレンジレシピ

  • LINE
  • Tweet
  • Share

鯛めし

レシピを印刷する

50分

「鯛めし」は、鯛の名産地である愛媛県の宇和島が発祥の地と言われています。
宇和島のリアス式海岸、黒潮の分岐流が流れ込む絶好の環境で育った真鯛は特別。(な気がします)

元々、鯛めしは鯛のお刺身をご飯に乗せて、醤油で味付けした鯛の海鮮丼のようなものだったようです。
今では、海鮮丼のように生の魚を使う鯛めしを炊き込みご飯と区別するため「宇和島鯛めし」と言うそうです。

青空レストランでもご当地料理として炊き込みの鯛めしが紹介されました。
材料4人前
真鯛 1尾(300~400g)
3合
だし昆布 10cm位
かつおだし 約580cc
小さじ1/2
淡口しょうゆ 大さじ2
大さじ2
木の芽 4枚(なくてもOK)

作り方

  1. 鯛はうろことエラを取り、内臓を出してよく洗う。水気をふく
  2. だし昆布はかたく絞ったふきんなどで汚れをふき取り、何箇所かに切れ目をいれておく
  3. 土鍋に洗った米、かつおだし、うすくち醤油、塩を入れて軽くかき混ぜる
  4. ③にだし昆布をしき、その上に鯛をのせる
  1. ふたをして1~2分弱火にかけたら強めの中火にし、沸騰したら弱火にして15分炊く。
    最後に一瞬強火にして火を止め、10分位蒸らす
  2. 炊き上がったら鯛と昆布を取り出し、鯛をほぐす。鯛の身を鍋に戻し、全体にかき混ぜる
  3. 茶碗によそい、木の芽を飾って完成。
    ※炊飯器で炊く場合は、水分量は内釜のメモリに合わせ、その上に鯛をのせて炊く
    ※塩焼きしたものを炊き込んでも可
  • 作ってみました!を投稿する

関連ページ

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。