ご当地レシピ&アレンジレシピ

  • LINE
  • Tweet
  • Share

【シェフレシピ】ほうとう

 ほうとうは、幅広の平打ちうどん、かぼちゃ、長ねぎ、しいたけ、じゃがいもなどを味噌ベースの汁で煮込んだ麺料理です。うどんを生麺の状態から煮込むことで、汁にとろみがついて冷めにくいという特徴があります。
 戦国時代、甲州地方ではお米が貴重であり、武田信玄がそれに代わる陣中食として考案したなど、発祥には諸説あります。
 県内では、「武田陣中ほうとう祭り」など、イベントが多く開かれ好評を得ています。山梨の家庭では、残った汁を翌朝ご飯にかけて「ほうとう飯」として食べたり、暑い夏には冷たい麺を入れて食べたり、あずきとともに煮て、デザート風にといった様々な味わいが存在します。
材料1人前
平打ちうどん 200g
かぼちゃ 120g
大根 50g
にんじん 40g
きのこ(しいたけ、舞茸、しめじ、エリンギ等) 各30g
長ねぎ 30g
合わせ出汁(昆布かつお) 300cc
味噌 20g

作り方

  1. かぼちゃは少し大きめのひと口大に切り、大根とにんじんはいちょう切り、長ねぎは斜めに切り、きのこ類はお好みの大きさに切ります。
  2. 昆布かつお出汁を鍋に入れます。長ねぎ以外の材料を入れ、沸いたら弱~中火でかぼちゃがやわらかくなるまで10~15分程コトコト煮ます。かぼちゃがやわらかくなったら弱火にし、長ねぎを入れ約2分煮ます。あくを取ります。
  3. 味噌を少しずつ入れ、箸でかぼちゃをつぶし、味を調えます。別の鍋で茹でた平打ちうどんを加え、中火で約2分煮たら完成です。

コツ・ポイント

ほうとうは家庭料理なので、材料にこだわらず気軽に作ってみて下さい。
かぼちゃは必ず入れて欲しいですね。お好みで鶏肉や豚肉を入れると一層美味しくなりますよ。
味付けのポイントは甘みとコクを出すために、かぼちゃを少しつぶすことと、味噌を少し多めに入れることです。
お酒はさっぱりする山梨県の純米酒辛口が合いますね。

レシピ投稿者からのアピール

松尾
松尾
http://www.kisaburou-sengoku.com/
「喜三郎農場」店長。
郷土料理「ほうとう」。
B-1グランプリで優勝した「甲州とりもつ煮」。
甲州地鶏や富士桜ポーク。
山梨県の郷土料理とB級グルメ、食材を味わえるお店です。

●住所
東京都文京区千石1-23-11

●アクセス
都営三田線 千石駅 3分

  • 作ってみました!を投稿する
Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。