各地のご当地食材/加工食品

  • LINE
  • Tweet
  • Share

新潟県神楽南蛮(かぐらなんばん)

ご当地食材情報
「神楽南蛮(かぐらなんばん)」は新潟県古志郡山古志村(現長岡市)で栽培される独特な唐辛子。
一見、ピーマンのような形ですが、辛さは紛れもなく唐辛子です。

一般的な唐辛子に比べて肉厚で大きくさわやかな辛味。
ゴツゴツとした外観が神楽面に似ていることから「神楽南蛮」と呼ばれるようになったそうです。

食べ方は、揚げびたし、てんぷらなどで、味噌漬けや塩漬けもよいとのこと。
タネは自家採種されてきたが、交雑しやすく独自な形質が失われる心配があるので、今後は採種者を限定し、品種を大切に守っていく方針のようです。

由来などの記録はないそうですが、15世紀頃に日本に渡来した南蛮(=唐辛子)の原種に近いもののよう。
村内の家庭で自家用に細々と栽培され、世間に知られることがなかったそうですが、1998年のJA越後ながおかの農業祭にて発見され、「長岡野菜」として栽培がすすめられているようです。
 
  • その他のご当地食材を投稿
  • LINE
  • Tweet
  • Share

同じエリアのご当地食材

Discover Nipponとは?
故郷の良さを知っている皆さんからの投稿を通して、地方の「おいしい」を知り、まだ知らない日本を知る。
「ご当地の食材&レシピの共有サイト」です。ホームパーティ向けおもてなしレシピが豊富。